歯茎などが細菌に侵される歯周病

ホームへ戻る >  インプラントの治療  > 歯茎などが細菌に侵される歯周病

歯茎などが細菌に侵される歯周病練馬区旭丘というところから練馬区豊玉北という住所へ引っ越しをしました。駅でいうと西武池袋線の江古田駅から練馬駅です。


たった二駅しか離れていませんが、これまでかかりつけだった病院なども最終的には変えることになりました。やはり家から近い病院の方がマメに検診にも行けますし、通院も楽なものです。私は歯周病がひどく、引越した後も以前のかかりつけの歯医者さんに行っていたのですが、歯周病の症状が少しでも良くなると、通院が遠くなったことを理由に行かなくなり、また症状が悪くなる・・・といった状況が続き、これでは良くないな・・・と思い、練馬駅周辺で新しい歯科を見つけました。

歯周病とは、テレビで歯磨き粉のCMなどで見たことがあると思いますが、歯茎などが細菌に侵され、熟したトマトのようになってしまい、よって歯がガタガタになってしまう症状です。熟したトマト・・・という表現は症状がかなり進行した状態で、私はそこまでではありませんが、歯磨きの度に血が出てしまったり、辛いものです。


私たちは食べ物で栄養をとり、健康を維持しています。その食べ物を体内に入れる窓口である口の中が不健康な状態だと、どれだけ苦しく嫌なものなのか、それがメンタルにもどれだけ影響があるものなのか、歯周病になって初めて実感したものです。