歯並びが悪いことからくる頭痛や肩こり、集中力の低下

ホームへ戻る >  インプラントの治療  > 歯並びが悪いことからくる頭痛や肩こり、集中力の低下

歯並びが悪いことからくる頭痛や肩こり、集中力の低下荒川区は、東京都の北東部に位置し、台東・文京・北・足立・墨田の5区に隣接しています。荒川区は、東西に長く、その大部分は起伏が無く平坦ですが、南西部(日暮里地域)に山手台地の一部があり、区の北東部を迂回するように隅田川が流れています。


荒川区の名前の由来は、北東部を流れる隅田川が昭和39年まで荒川と呼ばれていた事が採用されました。 隅田川というのは、荒川下流部(白鬚橋辺りから)の呼び名となっていました。そして荒川区には都電が走っており沿線のバラは、社団法人日本観光協会が主催する「花の観光地づくり大賞」でみごと平成17年度『大賞』を受賞したことでも有名です。

このように花が充実した荒川区でありますので、子育て世代も多く住んでいます。この子育て世代に必要であるのが、小児科や小児歯科の存在であります。


特に歯並びが悪いことからくる頭痛や肩こり、発音の悪さ、集中力の低下や大事な時に力が出ないといった症状を治す矯正歯科は昔から行なわれてきました。矯正歯科治療により、頑丈な歯が骨の代謝機能を利用することで1カ月で約0.3ミリ移動し、矯正歯科の治療を受けている人は平均4ミリの移動が必要としそれには約1年以上かかりますが歯に負担をかけずに治療する事が可能です。