一般的になったインプラント治療

ホームへ戻る >  どんな治療で歯医者に行くかによっても選び方が変化  > 一般的になったインプラント治療

一般的になったインプラント治療一昔前はインプラントに対する恐怖感や、多くの費用が必要であることなどからインプラント治療はあまり一般的ではありませんでした。

しかし最近では、インプラントの技術が飛躍的に進歩した結果、その知名度も高くなり、インプラント治療を希望する人が増えてきました。


多くのインプラントメーカーが新しい技術を研究開発したことなどで、より安定性・信頼性が高まり、患者にとって安心できる治療法となりました。患者にとって、歯そのものに対する価値観が変わってきたこともその要因のひとつと言えるでしょう。ずっと、おいしい食事をしたい、歯で不自由したくないという患者が増えてきました。

インプラントは、虫歯や怪我などの理由によって失われてしまった自分の歯に代わって、人口歯根を埋め込み、人口の歯を補う治療方法です。この治療法のメリットとしては、周囲の歯に針金をかけないので、周囲の歯に負担をかけずに失ってしまった歯を人工的に取り戻す事ができます。残っている歯も守る事が出来、天然の歯に近い噛む力と美しさが期待できます。

デメリットとしては、保険が適用されない為に、治療費が全額自費になること、一回の治療に30分以上の外科手術が必要となることなどがあります。


練馬インプラントと検索をかけると、インプラント治療を行っている練馬区周辺にある歯科医院が数多く検索できます。数多くある練馬区周辺の治療院での治療費は、一本10万円~40万円と、価格は病院によって異なり大きな差があることが分かります。


インプラントの治療は高度な治療技術が必要となりますので、治療技術のある信頼のおける医師を選ぶ必要があります。