子供の歯並びと矯正の必要性

ホームへ戻る > 子供の歯並びと矯正の必要性

賃貸と分譲の中間的な物件も
不動産の購入
注文住宅と建売住宅の違い
土地活用のポイント
建築計画について

子供の歯並びと矯正の必要性子供は骨格の成長途中のなかで歯並びの問題を抱えることが多くなります。その場合、できるだけ早く親が察知して正しい矯正治療を受けさせることが重要なポイントとなります。では、子供の口内の状態にはどのような種類があるのでしょうか。


矯正が必要になるような歯並びの状態にはいくつかのケースがあります。まず反対咬合。俗に言う「受け口」です。下顎が突出してしまっている状態で、下顎が発達しすぎてしまっている場合に発生します。顎がしゃくれていたり、食事の際にうまく物を噛めないといった症状が現われます。


それから八重歯。叢生(そうせい)とも呼ばれます。これはでこぼこ生えてしまっている状態で、口を開くと犬歯が見えるという大きな特徴があります。これをチャームポイントにしている女性もいますが、食べかすが残りやすいなど、さまざまな問題を抱えることになります。

受け口と正反対の状態が上顎前突。上の顎が下に比べて突出してしまっている状態です。口をうまく閉じることができず、無理に閉じると口元が不自然に歪んでしまうのが大きな特徴です。


深刻な症状としては開咬(かいこう)という状態もあります。これは口を閉じた時に上下の前歯が触れることができずに開いてしまう状態のことを言います。噛み合わせが非常に悪く、顎の発達にも悪影響を及ぼしてしまいます。


こうした症状が子供に見られた場合には、すぐに矯正治療を受けることが求められます。矯正が必要かどうか、日ごろから仕種や食事の様子などをチェックしておくとよいでしょう。