賃貸と分譲の中間的な物件も

ホームへ戻る >  子供の歯並びと矯正の必要性  > 賃貸と分譲の中間的な物件も

最近は、賃貸と分譲のメリットそれぞれを兼ね備えたような、定期借地権付き、という物件もあります。これは、期間を決めて、借りた土地の上に建てられた住宅を買う、というものです。戸建てとマンションの両方があり、物件によって多少違いますが、通常は借地期間は50年となっています。


土地は借地になるため、購入してローンを支払うより、負担が少なくなります。地価が上がれば借地代も上がることになりますが、あまり相場とかけ離れた金額にはなりません。土地は借地ですが、建物は自分のものなので、リフォームや、犬を飼うなどは自由に出来ます。

マンションの場合、地価の高い都心にこうした物件が多く出てきています。都心など、地価の高いところに住みたいけれど、都心のマンションは高くて買えないし、賃貸でも、家賃が高いため、なかなか都心に住めない、という人も多いことでしょう。こうした人たちにとって、定期借地権付き物件は、通常の賃貸住宅と比べ、非常に利用の価値があるでしょう。


一戸建ての場合は、郊外の地主が、相続税対策で借地に出す、というケースが多いようです。定期借地権付き物件の場合、50年経てば、どんなに家に愛着があっても、土地の上に建っている家屋は取り壊し、地主に土地を返さなければいけないことになっています。このため、買ってもそれほどの価格にならないような土地の場合、借りるよりも購入し、子孫の代まで住めるほうが良いと考える人も多いみたいです。