不動産の購入

ホームへ戻る >  子供の歯並びと矯正の必要性  > 不動産の購入

住まいや建築物を購入する場合は、まず事前調査や選別が必要です。個人で所有する建築物であれ、家族の住まいであれ、目的と用途、または快適性や周囲の環境について詳しく調べてから購入手続きをしなければなりません。購入してから「この土地を選ぶんじゃなかった・・・」と後悔しても遅いですし、建築物は不動産ですのでそう簡単に取り替えるわけにもいきません。建築物の購入においては、何よりもまず事前調査が大切になります。

不動産購入のために事前調査がしっかりと終わったら、次に正式な購入手続きを行います。建築物及び土地の売買においては、基本的に購入する側と売る側の両方にそれぞれ不動産会社がつきます。実際の売買契約についてですが、まず最初は「購入申し込み」を行います。売主に対して、正式に書面で購入の申し込み手続きを行います。次に売主側は、その土地と建築物における「重要事項」を買主側に説明を行います。この説明を買主側が受け、その内容を確認し受け入れた証拠にしっかりと捺印を押します。この契約が終わると次は実際の売買契約・ローン申し込みになります。


売買契約では売主・買主の両方の記名と捺印が必要になります。ローン契約についても同様です。こうして両者共に契約を交したのち、買主側は手付金を除いた購入金額の残金を売主側に支払うことで、その物件は正式に買主側のものとなります。最後にその物件の所有権を登録するために、所有権の変更手続きを行い、これにて物件の売買は終了となります。