注文住宅と建売住宅の違い

ホームへ戻る >  子供の歯並びと矯正の必要性  > 注文住宅と建売住宅の違い

住宅業界は販売業者が主導して物件の建設・販売が行われています。特に近年ではコストを最小限に抑えるための対策や工法が重視されており、土地を分割しての販売や、低コストで作ることができる工法の導入などが積極的に行われています。


しかし、そんな状況とは正反対の動きも近年になって登場しています。それが注文住宅です。上に挙げたような建売住宅とは根本的に異なる理念によって建てられる点が大きな違いとなっています。

この注文住宅と建売住宅の最大の違いといえるのが、建物を建てる際に施主の希望を取り入れることができるかどうかです。建売住宅の場合、販売業者があらかじめ定めた工法、間取り、設備によって建てられることになります。それがコスト削減に結びつき、多くの人にマイホーム購入の機会を提供しているのです。しかしその反面、耐久性に劣る、あるいは個性にかける外観といったマイナス点も見うけられます。それに対して注文住宅はまったく逆、計画・設計段階から施主の意見を大々的に取り入れ、建物に活かすことができます。当然、希望通りの間取り、設備を実現できるほか、デザインにもこだわることができます。


もうひとつ大きな違いとして挙げられるのは、やはりコストの面でしょう。同じ面積の土地に家を建てる場合、建売住宅に比べて数割増しの費用を余儀なくされます。特殊なデザインや資材を使用する場合には別途手数料などが必要になってくる場合もあります。


これらの違いを踏まえた上で、納得のいく居住環境を目指す人が注文住宅を選ぶケースが増えているのです。