土地活用のポイント

ホームへ戻る >  子供の歯並びと矯正の必要性  > 土地活用のポイント

土地を効果的に活用していくには、収益性、将来性、税金対策といったことから総合的に検討していかなければいけません。そのためには、土地を正確に評価してくれる不動産会社や税理士などとも連携していく必要があるでしょう。とくに将来性については、その土地を取り巻く多角的な視点からの評価が必要になります。たとえば、近くに新しい駅が誕生したり、大型ショッピングセンターができたりといった大きな変遷であったり、子供のいる世帯が減って地域の高齢化が進むなどといったことも影響があるでしょう。


それらのことをふまえて、マンションを建てた方がいいのか、一戸建ての借家がいいのかといったことを考えていく必要があります。また、ただ単にマンションを建てるというのではなく、一人暮らし向けなのか、ファミリー向けなのか、高齢者などを想定したバリアフリー設計なのか、若者向けなのかといったように、細かな設定を将来の周辺環境的な視点も加味して検討する必要があるのです。

その結果として、現状は手をつけずに保有するだけにしておいた方が良いとなったり、売却して金融資産を運用したほうが効率的だという結論になることもあります。他の場所にも土地を保有していて、そちらでマンション経営などを展開したほうが良いといったケースもありますし、金融資産の方を多く保有しているためにリスクを分散しておくといった考え方もあるでしょう。また、相続対策という観点からも、その負担を減らす工夫をしていく必要があるのです。