建築計画について

ホームへ戻る >  子供の歯並びと矯正の必要性  > 建築計画について

建築にあたっては、最初にその土地にどんな建物を建てるのかについての計画を立案しなければいけません。そこで必要になってくるのが法律の知識ですが、それ以外にも使用する材料について、どのような特徴を持っているものなのか等、検討しておく必要があります。また、付帯する設備などの消費エネルギーとその法的規制などについても考慮しなければいけません。その上で必要な建築費用が算出されるのです。


そして、計画の段階では、土地の調査なども事前に行なっておくことになります。法務局の調査では、近隣の家との境界を確認して、その土地に汚染がないかなどを調べます。敷地にまつわる調査では、面積や形状を詳しく調査して、地盤や地体力などからどのような建物が建築可能かを検討します。他にもライフラインの確保なども重要なポイントになります。また、各種手続きについて行政に問い合わせておくことも忘れはいけません。

それから、具体的な建築設計を行っていくわけですが、ここでも意匠や構造、設備などについて決めていかなければいけない項目がたくさんあります。たとえば、採光や換気についてもそうですし、屋根の形状など外観に関わる意匠についても規制の範囲内で決定していきます。構造計画では基礎の部分の工法や構造部分の材料などから決めていきます。そこから設備などを配置して、防災や避難の際の安全面について盛り込んでいくのです。あるいは、家の外と中における人が動くための動線の確保も重要なポイントだと言えるでしょう。