新築に必要な資金について

ホームへ戻る > 新築に必要な資金について

見えない矯正の治療費
注文住宅の基礎知識 SE工法
注文住宅を建てる費用 支出のタイミング
外断熱の賃貸物件を探してみよう
インプラントの失敗事例

新築を建てるためには、なによりもまず資金が必要になります。家を一戸建てるのには建築費用だけではなく、他にも必要な経費がたくさん出てきます。ですから余裕のある資金計画を立てておいたほうがいいのです。最初に必要になってくるのは土地の取得にかかるお金です。もともと所有している土地があって、そこに新築する予定だという人は問題ありませんが、そうでなければ土地を買わなければいけません。そこでは、土地代金や不動産取得税、登録免許税、不動産会社への手数料等の諸経費がかかるのです。

また、土地を取得すると、固定資産税や都市計画税、火災保険等、毎年支払わなければいけない税金や保険料が増えることも頭に入れておきましょう。そして、新築する前には設計費というのも必要になります。工事費に含まれる場合もありますが、たいていは建築士や建築家に頼むことになります。その後に、いよいよ建築費が出てきます。建物を建てるのにかかるお金の他、工費や諸経費が含まれるので、1番高額になる部分です。


それではこれらの費用をどう捻出するかですが、お金にゆとりがないという人は、住宅金融支援機構や銀行の住宅ローンなどを活用することができます。その場合は、新築後の返済にかかる費用などもよく計算しておくようにしましょう。また、家が建った後でも家具や電化製品の購入などにお金が必要になることも忘れてはいけません。さらに、それまで住んでいた家からの引越し費用というのも残っているのです。