見えない矯正の治療費

ホームへ戻る >  新築に必要な資金について  > 見えない矯正の治療費

見えない矯正の治療費矯正治療をする際ネックとなってくるのが治療費ですが、どんな矯正装置を使っても多くの場合高額な料金がかかります。一般的に見えづらい白や透明色の装置は銀色の装置より高く、見えない矯正として装置を歯の裏につける「裏側矯正」の場合、表側につける「表側矯正」より治療費が高くなる傾向があります。


イメージとしては、見える矯正より見えづらい矯正が高く、見えづらい矯正より見えない矯正が高いという風に料金が高くなっていきます。矯正装置の素材やシステムによっては見えない矯正より見えづらい矯正の方が高いこともあります。治療費の相場は100万前後で、病院や治療期間や使う矯正装置によって値段が変わっていきます。

また、調整費込みの場合と調整費は別にかかる場合がありますので、その辺はしっかり医師に確認しましょう。高額な費用をかけるのでしっかりとした病院を選び、信頼できる医師に出会ったら相談から始めるといいと思います。


カウンセリングと検査をすれば詳しい症状がでますので、具体的な治療費のプランなどを決めていくことができます。矯正は治療費は高いものの、日本矯正歯科学会の定める認定医の診断書があれば医療費控除の対象と認められる場合が多いので、お金が戻ってくる可能性があります。戻ってくる金額は所得によりかわってくるので一概には言えないですが、治療費を安く抑えたい方は一度計算してみるといいかもしれません。また、審美目的ではだめなのですが、特別な場合に限り保険適用されることもあるので自分の矯正が保険の対象内であるかどうかは調べておいて損はないでしょう。