注文住宅を建てる費用 支出のタイミング

ホームへ戻る >  新築に必要な資金について  > 注文住宅を建てる費用 支出のタイミング

建売住宅を購入する場合は、殆どの費用が同じタイミングで出ていきますのでそれほど考える必要が無いのですが、注文住宅の場合、各種費用が結構バラバラなタイミングで出ていきます。そのため、融資のタイミングや予算の余裕などに関してそれなりに考えておく必要が有ります。また、建売では発生せず注文住宅建築で発生する費用なども多くあります。

まず、最初期の契約前後から着工までに必要な支払いとしては「契約金・申込金」「地盤調査費」「印紙税」「工事着手金」「地鎮祭費用」などが必要となります。場合によってはこれに「地盤改良費」などが加わります。契約金・申込金とはいわゆる手付金の事で、大体工事費用の10%程度が相場となります。もちろん、これは工事費として使用されますが、この契約金を支払った後に諸事情によりキャンセルをしても、契約金は戻ってこない場合が有るので注意です。注文住宅の場合「やっぱり意見が合わない」が発生する可能性はありますので、最初の設計士・工務店選びでしっかり見定める必要が有ります。地盤調査費は10万円ぐらい、印紙税は5000円から10000円ぐらいを想定しておけばよいでしょう。工事着手金は、工事費全体の10%~20%程度となりますが、これはタイミング的に自己資金から出す必要がありますので注意が必要です。工務店側としても住宅ローン融資まで全工事費の支払いを待っていたのでは大きな持ち出しになってしまうため、こうした分割の形で支払いを求めるわけです。契約金などと一緒になっている場合も有ります。地鎮祭費用は大体5万円ぐらい。直接神職さんに聞くのが早いでしょう。もちろん、「そんなものはいらない」と無視するのも自由ではあります。