外断熱の賃貸物件を探してみよう

ホームへ戻る >  新築に必要な資金について  > 外断熱の賃貸物件を探してみよう

住まいに求めたい環境のひとつに、断熱性があります。夏は涼しく、冬は暖かい環境はすべての人の理想でしょう。また、冷房・暖房の量を減らすことで光熱費の節約、環境への配慮にも役立ちます。


しかし賃貸の場合、なかなか断熱性に恵まれた物件に出会えないものです。日当たりが良くても断熱性に劣っている、あるいは家賃は安いものの環境面が今ひとつなど。長らく、断熱性は一戸建てや分譲マンションにおいて重視されてきました。しかし最近では賃貸物件においても、断熱性において優れた環境が用意されるようになっています。

その鍵を握るのが、外断熱。通常、断熱材は部屋の内側の壁に張られます。それによって室内の断熱性を向上させるわけですが、結露の問題があったり、部屋の外、廊下や階段の断熱性に問題が生じるといった問題があります。とくに冬場のマンションの廊下の寒さを経験したことがある人は多いでしょう。しかし外断熱では建物全体に断熱材を張ることによって断熱性の向上を目指す方法です。この方法ならコンクリートの蓄音性を最大限に活かし、室温を保つ効果を得ることができます。とくに冬場は朝方まで暖かい室内温度を維持することも可能です。建物全体が夏涼しく、冬暖かくできる点も大きなメリットでしょう。


問題としては、建物全体に断熱材を張る分コストがかかること、それが家賃に反映されることでしょうか。しかし住まい環境の充実を考えれば決して高いものではないでしょう。賃貸物件を探す際には、この外断熱にも意識を向けてみるとよいのではないでしょうか。